20191215

〈DON’T FORGET ME〉という発話を受け止めることには、ある種の責任が伴う

国谷隆志・三宅砂織二人展「The Voices of Time」

〈DON’T FORGET ME〉という発話を受け止めることには、ある種の責任が伴う。  と綴られた冒頭から始まる批評。

絆屋ビルヂングのギャラリー空間で行われた展覧会レビューです。
一読の価値あり!