2006113

Kobe Art annual [OPEN MEETING]


11月になっちゃいました。肌寒ーくなってきました。とうとうストーブを出しちゃいました。今年も残り2か月!!いつもこの時期になると時の流れの速さを感じる季節です。
京都の紅葉もぼちぼち始まってきたかな~って感じです。
食欲の秋、読書の秋、
芸術の秋ってことで、、、
久々にアートに触れることにしました。
11月3日から始まる
「Kobe Art annual」NEXT STAGE planning OPEN MEETINGに出席します。

神戸新開地にある神戸アートヴィレッジセンター 通称「KAVC」にて1996年の開館以来から2005年の10年間行われてきた「神戸アートアニュアル」の出品作家を中心に集まり、アニュアルの次なるビジョンを語り合う場を公開するという感じです。
神戸アートアニュアルも関西若手作家の登竜門的存在に成長しました。10年で一区切りし、次なステージを模索するミーティングのようです。

1か月間の間に6回のオープンミーティングが行われます。
主催者側がアーティストの活動内容や方向性、テーマを考慮しそれぞれテーマを持って行うようです。

ちなみに僕の出席日のテーマは「複合/横断/メディアミックス」です。
僕自身も初期作品から現在にいたるまで、作品のコンセプトやテーマは変わらないが
発表形態や活動場所が大きく変わりました、、、
表現者としての道を歩む者どうしが「過去、現在、未来」と語り合える事は良い機会かなと思います。
久しぶりにアートなところにふれることができるので、、ここからまたどのような発展があるか楽しみです。